Concept

これは花の絵だ。意識して覚えていない、昔出会った道端の花やピアノの発表会で貰った花の絵だ。しかし記憶が曖昧で、断片的なイメージにしかならない。壊れた電子機器のようにセルをキャンバスにのせていく。

こっちは昔と少しも変わらないのに、と少しふてくされた様子で目の前に現れたそれは、想像していた姿と違うが紛れもなくその花であり、想像を超える美しさである。

いつか画面しか知らない世界になって「画面の花」が「花」になった時、そこにあるのは、綺麗に並べられたセルだけだ。

不確かで儚い、芯のある美しい花があったことを、忘れないで欲しい。そしてそれを思い出し、語りかけているあなたもまた美しいと思う。


本質とは何か。リアルとは何かーharunaは問いかける。


I try to draw the flowers on the roadside that I saw in the past and the flowers that I got at the piano recital, which I don’t consciously remember, it is only a fragmentary image. Place the cell on the canvas like a broken electronic device. 

It pops up looking grumpy saying “I remain who I am”. Differs from the memory but indeed it’s definitely that flower besides it’s more beautiful than I remember. 

Someday, the world in the screen is all you see, and the "flowers on the screen" become "flowers", there are only neatly arranged cells. 

 Remember that there were beautiful flowers with a core that were uncertain and fragile.

What is the essence of substance.What is the reality? haruna asks.

 
  • Instagram

©2020 by HarunaPaint。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now